アナと雪の女王を合法的に無料で観る方法と感想とかを書く

 

先日『アナと雪の女王』をありのままの自分のタイミングで観たわけなんだけどやっぱり評価されただけあって結構良かったですねえ。

私は『トイ・ストーリー』とか『ウォーリー』とかそういうディズニー系のアニメ興味なかったんですがこれからはちょっと観ていこうかなと。

さて、今回私、この映画自分が最も嫌いなレンタルという手段で観たわけなんだけどもう少し早くこの情報知っていたら借りることなんてなかったなあと少し後悔。

まあいいんだけどとりあえずその手段を今更公開。といってもまあ普通な手段なんですがw

U-NEXTのお試し期間を利用しよう

動画配信サービスの国内最大手、U-NEXTで現在『雪とアナの女王』が視聴できます。おそらくほとんどの人がU-NEXTを登録していないと思うので是非登録してみてください。

U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンド | U-NEXT

U-NEXTではお試し期間として登録日から16日間は無料でさらに500円分のポイントが給付されるのでそのポイントで新作である『アナと雪の女王』を視聴できます。

本来有料サービスなので画質音質文句なし。「字幕」と「吹き替え」両方あるのでお好みで(お試し期間は1本分のポイントしかないため一回しか観れません)。

特に今後利用する予定がなさそうならば料金が発生する前に解約してしまえば料金は掛かりません。

ネットでは「そんな上手い話じゃない」のような声がある見たいだけど手順さえ間違わず解約手続きを行えばすんなり解約できるはず(私は解約してないから知らないけど)。

U-NEXTの解約方法!ちゃんと無料期間内に解約できるのか?

契約もクレジットカードがあればすげー簡単に出来るので試しにやってみてください。

アナと雪の女王は何故ヒットしたのか

ココからは私が観た感想。興味のない方はそっと右端の×印、マックの方は左の赤丸でそっと閉じてくださいw

ディズニー映画は世界中で評価され、日本でもジブリアニメみたいに新作が出ればそこそこヒットするんだけど『アナと雪の女王』に関してはなんか久しぶりにブームを感じるほど大ヒットしたよね。

90年代終盤の『踊る大捜査線』とか2000年代初頭の『ハリー・ポッター』依頼のブームを感じました。

唄が良かった?

『雪とアナの女王』を観てなくてもテーマ曲である『Let it Go』は誰でも聴いたことあるんじゃないかっていうくらい、いたるところで流れてたよね。

私のようなテレビを観ない人でも街中やコンビニ等のお店でよく耳にしたしネットでも相当話題になってました。

だけどあまり興味なくて中身全然知らなかったんだけど、ディズニー好きの奥さんが観たいとのことで先日一緒に観たわけですよ。

そしたら「なるほどなあ」と思ったんだよね。これは上手い具合に女子の心を掴んでるなあってね。

開放されたい主婦の気持ち

『アナと雪の女王』は主人公アナの姉、エリサが魔法を使える自分を隠して生活していたわけなんだけど、それが嫌になって自分の殻に閉じこもる話ですよね。

とっさに魔法が出てしまい、皆に恐れられたエリサにとってまあ最も恐れていた方向に向かうわけなんですよ。「みんなに嫌われる」ってね。

だけどお城を勢いよく飛び出したエリサは「コレで自分は自分らしくなれる、こうやって魔法を使いまくっても誰も文句は言わない!私は自由なのよ」

って感じである種開き直りを見せるよね。

これは普段地味で表向きには何もしてないように見えて誰にも評価されない一般的な主婦達に刺さるよね。

「同じだ!「やりたいことも出来ない!自分にはこんな特技があるのに!一生懸命やってるのに!」

誰にも評価してもらえず淡々と家事をこなす主婦たちにとってエリサの唄はすごい共感するというか気持ちを楽にさせる力があったんじゃないかと思う。

それに加えあの氷のシーン。

キラキラした宝石とか美しいモノが好きな女性にとってクリスタルのお城やキレイなドレスが登場して画面全体が美しく表現されてもう感動だよね。

youtubeの公式の主題歌(松たか子Ver)の再生数6千万ってのがあの歌の人気の証拠だけどおそらくファンのほとんどは女性なんじゃないかと思う。

(ちなみに私は男ですw)

全編通して分かりやすいシナリオ

ディズニー映画全般に言えることなんだけど子どもが観てもわかるようにとても分かりやすく作られていますよね。

だからボケーっと観ていてもすんなりストーリーが入ってくるし特に何も考えなくても物語に引き込まれる。

最初のプロローグの段階でだいたいどんなストーリーが始まるのか予想できて、その予想通りに話が進むから物語に入りやすい。

それに加えて最後は王子様のキスみたいなベタな展開に落ち着かないで姉妹愛、家族愛に持っていけたところが男性にもウケたんじゃないかなって思います(男がディズニー興味ないのは多分そこなんだよなあ)。

とにかく老若男女問わず楽しめる作品であることは間違いない。

という感じで私の中ではかなり「当たり」な作品でした。

まああまりダラダラと書いてもしょうがないのでまだ観てない人は是非観てみてね。

というわけで今日はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。