rewriteのアニメ(1期)がひどすぎる。

  更新:2017/06/18

rewriteの2期が始まるくらいのタイミング(2017年1月くらい)に原作のrewriteを購入し、プレイ済みの状態で今更ながらアニメ版(第一期)を観てみました。

が、これがひどすぎる・・・

いやある程度は仕方なのかもしれません。

全体的なグラフィックとか、キャラクターの雰囲気とかは悪くないと思います。最近の低予算アニメでは仕方ないかなと・・・

問題は中身です。

中身があまりにも酷い。

key作品(ゲーム)が原作のアニメはこれまで「kanon」、「AIR」、「CLANNAD」、「リトルバスターズ」とすべて観てきましたがいずれも完成度はそこそこ高く、

アニメが面白い→原作をやってみよう

という気持ちにさせてくれるものだったと思います。私はどれも原作からやったので分かりませんが、原作も良いしアニメも結構良い、とどれも思いました。

しかしrewriteに関してはあまりにも酷すぎて、

アニメが面白い→原作をやってみよう

という人はあまりいないのでは?

と思ったり・・・

ちなみにまだ最後まで見ていません・・・

序盤とにかく端折りすぎ

rewriteは総プレイ時間100時間を超える大作です。前作のリトルバスターズやCLANNADと同程度くらいのボリュームがあります。

しかしrewriteは一期、二期合わせて30分×24話しかなく(初回1時間のため厳密には25話分くらい)到底収まり切りません。

前作のリトバス全38話(一期:25話、二期:13話)、クラナド全44話(一期、二期ともに22話)と比べても話数が少ないこともあり、とにかく端折りすぎてとんでもないことになっています。

例えば序盤ある程度原作通りに話が進みそれぞれのヒロインのルートに近いストーリーとなっていますが、ミステリー色の強い此花ルチアルート(ひぐらしでお馴染みの竜騎士07さんが手がけたシナリオ)に関しては原作で12時間以上掛かりそうなシナリオをわずか1話、つまり30分足らずで片づけています。

なので原作をやっていない初見の人は何が何なのか全く分からないんじゃないかと思います。

事件(現象)の前兆、事件(現象)が勃発、(主人公が)真相を捜査、調べてはいけないという警告との葛藤、真相へのヒント、実は〇〇だった、でもこれにはこういう背景が!、更に謎の組織が出てきて急展開、

が24分くらいの間に一気に来ます。ここまで原作だと12時間くらいは掛かります多分。

瑚太朗(主人公)「やっぱりお前だったんだな。」

と言われても何も刺さりません。展開が早すぎて原作をやってない人には何がお前だったのか分からないと思います。その前に急に初見の場所(協会のようなところ)で待ち合わせみたいになっているのでココどこだよ?ってなります。ちなみに待ち合わせしたわけでもなく、そこ(協会のような場所)に主人公がいるのはやや深い理由があるのですが、全部すっ飛ばされているので何故その場所に主人公がいるのか初見の人には絶対にわかりません。

ヒロインが号泣しても何で泣いているのか分かりません。その背景が一瞬しか描かれないからです。

感情面でも、「不思議に思う」から、「緊張感」、「恐怖」、「感動」、「驚き」が全部来ます。全部来るというのは全部盛り込まれているだけで、普通わずか24分の間でこれだけの感情変化を伴うことはできません。

つまり置いて行かれる、わかりやすく言えば「何が何だか分からない」となるはずです。私は原作をやっているので何が何だか分からないわけではないですが、それでも置いてけぼりを食らいます。

尺がないならやるべきじゃなかった

rewriteのアニメの尺が短くてこうでもしないと入りきらなかったというのはわからんでもないです。

が、これはあまりにも酷いなと思いました。

実はここまで5話しか観ていないんですが、少なくとも5話まではだいたいこのような超ハイペースで話が進んでいます。

wikiによると一期の7話以降はほぼオリジナルストーリーになるようですが、いやもうそれなら最初から全部オリジナルで作るべきだろうと思いました。

端折って雑になるなら初めからやるべきじゃないと・・・

あにこれのレビューとか見てみてもざっと未登録で読める範囲で「よくわからない」、「理解に苦しむ」みたいな意見ばかりで、「そりゃゲームやってないとわからないよね~」としか言いようがありませんでした。

それでも☆3つ付けてくれてるのはkeyのファンだからか…

アニメしか観ていない人だとこれまでのkey作品のアニメが良かった分、rewriteはハズレ、面白くないと感じたのではないかと思います。

原作がとても素晴らしい分、何か言わずにはいられませんでした。kanonとか、AIRとかCLANNADとかはアニメだけでも十分keyファンになれるほど素晴らしいですからね。リトバスも悪くなかったし。

後半まだ観てないので一応ちゃんと観ます。オリジナルストーリーに期待しつつ…

後半はファンサービスか…

追記です。

後半観ました。

前評判通り後半は完全にオリジナルストーリーとなっています。

篝のキャラは完全に崩壊しているため、もはや別作品、スピンオフ作品とも言えるほどの展開です。

これに関してはrewriteの原作を基にしたアニメだと思わなければ、rewriteのオリジナルストーリーが楽しめるので良いかな~と思える人は思えると思います。

という感じのものです。

私個人としては、それなりに楽しめました。

原作ファンは怒るか、楽しめるかのどちらかかなと思いますが、原作を知らない人はやはりツマラナイと感じるのではないでしょうか。

後半の見どころはとにかくヒロインの一人、篝のキャラ崩壊なので、原作では見ることが出来ない篝が観られる、という意味でファンは楽しめるかもしれませんが、原作を知らない人にはその楽しみがないわけですから…

やはり微妙です…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。