有料テレビ

ひかりTVで地デジを観るには?視聴方法と注意点まで解説

地デジが視聴出来るという理由でひかりTVの契約を検討している方は少なくないと思います。

実際ひかりTVは、

「地デジアンテナ不要」

「電波状況の悪いエリアでも地デジを観ることが出来る」

というメリットがあります。

しかしひかりTVで地デジを視聴する際、注意すべきことがあります。

本ページではひかりTVを利用して地デジを視聴する基本的な方法と、注意しておきたいポイントを解説します。

ひかりTVで地デジを視聴する方法

ひかりTVを利用して地デジを観るのは以下が必要です。

  • ひかりTV対応の光回線(フレッツ光、ドコモ光など)
  • ひかりTVの契約(NTTぷららと契約)
  • 地デジ対応のひかりTVチューナー(レンタルまたは購入)

一つずつ解説していきます。

ひかりTV対応の光回線を契約しなければいけない

ひかりTVには光回線が必須です。

というのもそもそもひかりTVが光回線を利用したテレビサービスだからです。

現在ひかりTVに対応している光回線は、

  • フレッツ光(東西どちらでもOK、プロバイダはどこでもOK)
  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • NURO光
  • ビッグローブ光
  • So-net光プラスなど

です。

逆に対応していないのは「auひかり」「コミュファ光」「eo光」などです。

これらには別のテレビサービスがあるため、ひかりTVには対応していません。

上述した光回線を契約しないとそもそもひかりTVは利用できません。

ひかりTVの契約(NTTぷららと契約)

ひかりTVを視聴するためには提供元のNTTぷららと契約する必要があります。

ひかりTVは有料のテレビサービスなので、月額料金が発生します。

現在提供されているひかりTVのプランは以下の通り。

お値打ちプラン
(ビデオ、テレビ両方)
2年割:2,500円
通常:3,500円
テレビおすすめプラン2年割:1,500円
通常:2,500円
ビデオざんまいプラン2年割:1,500円
通常:2,500円
基本放送プラン1,000円
※初期費用はすべて無料

テレビおすすめプラン(通称テレビプラン)とは、テレビのチャンネルが増えるサービスです。

その数50種類以上。スカパーみたいなイメージですね。

ビデオざんまいプラン(通称ビデオプラン)とは、自分で選んで映画やアニメ、ドラマなどが視聴できるサービスです。

いわゆるNetflixのようなVODサービス、動画配信サービスようようなものですね。

基本放送プランはその名の通り、基本的なチャンネルが観れるだけのプランです。

ジャパネットチャンネルDXやNHK WORLD-JAPANなど。

それぞれのサービスは公式ページを確認してみてください。

地デジはどのプランでも視聴することができます。

そのため価格重視でいけば基本放送プランが良いですね。

地デジ対応のひかりTVチューナーの設置

ひかりTVで地デジを見るには、専用のひかりTVチューナーの設置が必要です。

なぜなら、光回線で受信した電波を映像化する必要があるからです。

ひかりTVに対応している機器は下記ページにまとめてあります。

ひかりTVチューナー|ひかりTV公式サイト

まだ、ひかりTVを契約されていない方は、同時申し込みも可能です。

なお、ひかりTVでチューナーを申し込む際は、「購入」と「レンタル」の2パターンがあります。

各チューナーの料金プランは公式ページ記載されているので、参考にしてください。

ひかりTVで地デジを見るときの注意点

ここでは、ひかりTVで地デジを見るときの注意点についてまとめていきます。

基本的な注意点は下記の5つです。

  • 地デジを視聴できる地域に制限がある
  • 対応していないプラン、回線がある
  • 録画をするには外付けハードディスクが必要
  • 2台目のテレビで見るなら別途機器が必要
  • 2ねん割プランは途中解約すると違約金がかかる

ひとつずつ詳しく解説します。

地デジを視聴できる地域に制限がある

お住いの地域によって、地上デジタル放送を見ることができません。

一例を挙げると、東日本エリアでは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)が対応地域となっています。

西日本エリアでは、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県となっており、例えば四国地方では地デジを視聴することができません。

また、視聴が可能エリアであっても、チャンネルに制限がかかってる場合もあります(※フジテレビが見れないなど)

地上デジタル放送が視聴できるか、詳細を確認する場合は下記公式ページをチェクしてみてください。

地上デジタル放送の提供エリアと視聴可能チャンネル

契約前の方は、必ず確認しておきましょう。

地デジに対応していないプラン・回線がある

地上デジタル放送を視聴する場合、ひかりTVでは対応していないプランや回線があります。

以下のものに該当するタイプ・回線は、地デジが視聴できません。

  • フレッツ光ネクスト マンションタイプ(プラン1B)
  • フレッツ光ネクスト マンションタイプ(プラン2B)
  • フレッツ光ネクスト マンションタイプ(ミニB)
  • フレッツ光ネクスト マンションタイプ(100M)
  • フレッツ光ネクスト マンションタイプ(50M)

なお、一部例外のもの存在するので、各事業者に確認しておきましょう。

録画をするには外付けハードディスクが必要

ひかりTVで地デジを録画をしたい場合、チューナーだけではできません。

チューナとは別途、録画を保存しておくハードディスクが必要です。

チューナーのタイプによっては

  • 視聴しながら、別の番組を録画
  • 録画した番組をスマホやパソコンに送る

こともできます。

詳しくは下記ページをご覧ください。

https://www.hikaritv.net/user/recording/function/

注意点として、ハードディスクに保存した録画データは、ひかりTVに契約していないと視聴ができません。

つまり、ひかりTVを解約してしまうと、録画データを見れなくなるので、覚えておきましょう。

2台目のテレビで見るなら別途機器が必要

別の部屋にある2台目以降のテレビで地デジを見るためには、下記の機器が別途必要です。

  • 追加のひかりTVチューナー
  • DLNA対応のテレビ
  • PS3
  • 光BOX+

のうち、いずれか1つが必要になります。

接続方法は、下記ページに掲載されています。

https://www.hikaritv.net/cp/twomonth/2tv/

2台目以降の接続を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

2ねん割プランは途中解約すると違約金がかかる

ひかりTVの契約でお得になる2ねん割プランは、途中で解約すると違約金が発生します。

契約月から24ヶ月以内にひかりTVを解約する場合「違約金10,000円」請求されるので注意しましょう。

チューナーをレンタルしている方は、解約後に返却をしないとレンタル代が継続されます。

また、前述したとおり解約後はハードディスク内になる録画データが視聴できません。

まとめ

ここでは、ひかりTVで地デジを視聴する方法と注意点について解説しました。

地デジ放送は

  • ひかりTV対応の光回線(フレッツ光、ドコモ光など)
  • ひかりTVの契約(NTTぷららと契約)
  • 地デジ対応のひかりTVチューナー(レンタルまたは購入)

が揃えば視聴ができます。

しかし、エリアやプランによっては、視聴できないので確認しておきましょう。

現状がわからない場合には、公式サイトに問い合わせページがあります。

https://app.hikaritv.net/enq/enq/inquire/form01.html

不安な方は、ぜひ相談してみてください。