有料テレビ

J:COMに契約している人がWOWOWを録画するための方法とは

J:COM経由でWOWOWを視聴していて、今度の放送される番組を録画したい!

好きな俳優が出たり、懐かしい番組が放送されることが分かったら、何回でも見れるように録画しておきたいですよね。

でも、いまの環境でうまく録画できるのか、不安になる方も少なくないでしょう。

私もJ:COMでWOWOWを録画しようとしたとき、失敗して好きな番組を録画し逃した経験があります。

慌てて録画できなくなるほど、残念な気持ちになることはありませんよね…

他の方が同じような失敗をしないためにも、この記事ではJ:COMでWOWOWを録画する方法をご紹介します。

J:COMでWOWOWを視聴するのに必要な準備

まずは、J:COMでWOWOWを視聴するのに必要な準備です。

J:COMでWOWOWを見るためには、以下の3つの準備が必要になります。

  • J:COMのケーブル導入工事
  • テレビ(一般的なもので大丈夫です)
  • STB(セットトップボックス)

テレビやSTBは、性能によって録画できないこともあります。

事前に確認しておいて、失敗しないように注意が必要です。

詳しい内容を1つずつ見ていきましょう。

J:COMのケーブル導入工事

まず、J:COMでWOWOWを視聴するためには、J:COMを導入しなけば始まりません。

J:COMを導入するために、戸建ての場合、ケーブルを自宅に引き込む工事が必要です。

引き込み工事の調整はJ:COMにお任せすることができます。

下記のJ:COM公式HPから、お申し込みができるので、事前に確認しておきましょう。

一戸建て導入工事|J:COM

また、マンションやアパートなどの集合住宅にお住いの場合は、家主が契約しているのかによって変わります。

下記のJ:COM公式HPから、お住いの物件ですぐに導入できるかの確認が可能です。

集合住宅の方へ 加入のご案内|J:COM公式サイト

まだJ:COM導入前の方は、事前にお申込みだけ済ませておきましょう!

テレビ

ケーブルの引き込み工事が完了したら次は、画面を映し出すテレビが必要です。

テレビはHDMIが接続できるかどうかだけ確認しておけば問題ありません。

最近のテレビには、基本的な機能をすべて揃っているので、心配はいらないでしょう。

ちなみに録画する場合は、テレビ自体に録画機能がなくても、別で接続する機器で録画が可能です。

STB(セットトップボックス)

受信した信号をテレビで視聴するために変換してくれるのが、STB(セットトップボックス)です。

J:COMでテレビを視聴する場合、STBが必要であることを覚えておきましょう。

また、STBは様々なメーカーで販売されており、いろんな種類があります。

まだSTBをお持ちでない方は、下記のJ:COM公式HPで、STBの一覧をご覧ください。

J:COM TV セットトップボックス(STB)一覧

J:COMの利用者がWOWOWを録画する方法

STB単体では、受信した信号を変換する機能しか、基本的に備わっていません。

なので、放送を録画するためには、別途録画用の機器を導入する必要があります。

J:COMでWOWOWを録画するためには、以下4つの方法が可能です。

  • ハードディスク内蔵のSTBを利用する
  • STBに外付けハードディスクを接続する
  • STBにレコーダーを接続する
  • DLNA対応録画機器の導入

基本的な接続方法は、下記の画像のようになります。

必要な機器によって異なるので、参考程度に見ておきましょう。

あなたの環境に応じて、適切なものをお選びください。

ハードディスク内蔵のSTBを利用する

一番簡単なのが、録画機能を兼ね備えている「ハードディスク内蔵のSTBを利用する」方法です。

上記の方法であれば、別途録画するための機器は必要ありません。

さらに、機器の設置が分からない方でも、簡単に設置が可能です。

まだ、STBを購入してない、または買い替えを考えている方は、下記のSTBを選びましょう。

こちらが、J:COMイチオシのSmart J:COM Boxです。

Smart J:COM Boxであれば、難しい接続や別途機器が必要なくなります。

また、放送を見ながら、他の番組を録画するなどの機能も備わっています。

下記のSmart J:COM Box公式ページに、詳細が書いてあります。

STBに外付けハードディスクを接続する

次に紹介するのが、STBに外付けハードディスクを接続する方法です。

既にSTBをお持ちの方は、外付けハードディスクを接続して、録画機能を追加する必要があります。

外付けハードディスクは、Amazonや家電量販店など、どこでも購入可能です。

価格も1万円前後となっています。

STBにレコーダーを接続する

次にお伝えするのが、STBにレコーダーを接続して録画する方法です。

既にレコーダーをお持ちの方は、上記の方法でも録画可能です。

しかし、レコーダーの場合、録画した映像の画質が落ちる恐れがあるので、可能であればハードディスクの購入をおすすめします。

DLNA対応録画機器の導入

最後に紹介するのが、DLNA対応録画機器の導入して録画する方法です。

DLNA対応機器とは、ネットワークに接続して、利用できる機器のこと。

簡単に言ってしまえば、放送を無線で飛ばして録画したり、録画した放送をパソコンに飛ばしたりできます。

ネットワークが通じていれば、どこにいても快適に録画した放送をみれるので、大変便利です。

しかし、STBも録画機もDLNAに対応していなけばいけないので、事前に確認しておきましょう。

下記の公式HPに記載されているものがDLNA対応の録画機になります。

4K J:COM Box、Smart J:COM Boxと接続可能なDLNA対応録画機器を知りたい

STBもDLNA対応である必要があるので、注意して確認してください。

まとめ・補足

ここまで、J:COMでWOWOWを録画するのに必要な準備と方法についてご紹介しました。

J:COMに加入していない方は、まずはお申し込みを。

加入された方で、録画をする方法が分からない方は、以下の4つの方法のなかから検討しましょう。

  • ハードディスク内蔵のSTBを利用する
  • STBに外付けハードディスクを接続する
  • STBにレコーダーを接続する
  • DLNA対応録画機器の導入

なお、いまの自分の状態が分からない、もしくは録画できる機種なのか分からない方は、J:COMサポートに相談してみましょう。

問合せする際は、少なくともいま使っている機種名はメモしてから、聞いてみくださいね。