家電

トリプルチューナーとは?同時録画数や選び方をわかりやすく解説

テレビを視聴するときに1度は耳にするチューナー。

チューナーが必要と言われても、一体何のことなのか分からない人も少なくないはず。

そのうえ、ダブルチューナーとか、トリプルチューナーとかあって、どうしたらいいのか悩みますよね。

そこで本ページでは、トリプルチューナーを中心に

  • そもそもチューナーとは何なのか
  • シングル・ダブル・トリプルの違い
  • チューナーの選び方

について解説します。

トリプルチューナーとは?

チューナーとはテレビ放送の受信機器のことです。

通常このチューナーがテレビやレコーダーに内蔵されていることで、テレビ放送を視聴出来るようになります。

トリプルチューナーとは、3つのチューナーが内蔵され、3つのテレビ放送の電波を受信できる装置のことです。

簡単に言ってしまえば「3つのテレビチャンネルを同時に稼働できる」ということ。

3つのチャンネルを同時に受信できるので

  • 1チャンネル視聴しながら、2チャンネル録画
  • テレビを見てないときに、3チャンネル録画

ができるわけです。

トリプルチューナー主にブルーイレコーダーに内蔵されており、スペック情報にも大きく記載があります。

ダブルチューナーとシングルチューナー

トリプルチューナーの他に、

  • ダブルチューナー:チューナーが2つ内蔵
  • シングルチューナー:チューナーが1つ内蔵

もあります。

ダブルチューナーは

  • 2番組を同時録画
  • 1番組を視聴しながら1番組を録画

シングルチューナーは

  • 1番組のみ視聴
  • 1番組のみ録画

ができます。

一般的に表記のない裏番組が録画出来ないテレビはシングルチューナーとなります。

トリプルチューナー以上のチューナー

最近ではトリプル(3)チューナー以上にチューナーが搭載されたブルーレイレコーダーも増えてきました。

4つ以上チューナーが入っているものは単に「4チューナー」などと表記されることが多いですね。

最近のハイエンドモデル(ハイスペックモデル)は11チューナーが搭載されているものもあります。

レコーダー以外にトリプルチューナーが入っている機器

チューナー数を気にされる機器として思いつくのが、レコーダーではないでしょうか。

しかし、レコーダー以外にも

  • STB(セットトップボックス)
  • テレビ

トリプルチューナー内蔵の機器があります。

STBとは受信した電波をテレビに映せるように変換する機器。主にケーブルテレビやインターネットテレビを視聴する際に利用する機器です。

  • チューナー:テレビ放送の電波を切り替えてくれる
  • STB:受信した電波をテレビに映せるように変換してくれる

ということ。

つまり、トリプルチューナー搭載のSTBは、上記の機能を両方とも兼ね備えているわけです。

また、テレビにトリプルチューナーが内蔵されているモデルもあります。

トリプルチューナーが内蔵されているテレビであれば、わざわざトリプルチューナー内蔵のレコーダーを買う必要はありませんね。

トリプルチューナー内蔵レコーダーの選び方

トリプルチューナーの仕組みを理解したところで、でてくるのがどれを選べばいいのか…という悩み。

メーカー、価格、機能、など多種多様で、どれを買えばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?

ここからは、トリプルチューナー内蔵の機器をどのように選べばいいのか

  • 利用シーン(状況)別
  • スペック(機能・性能)別
  • 料金・コスパ別

に分けて紹介します。

利用シーン(状況)で選ぶ

様々な機種があるとはいえ、トリプルチューナー内蔵であれば、機能としては大差ありません。

なので、レコーダーであれば

  • 色味(発売されてる機器は9割ブラックですか…)
  • サイズ

など、置き場所やインテリアに合わせて、選ぶ方法もあります。

Panasonicから販売されている「DMR-BRG3060」とかは、まさにインテリア重視だったりします。

スペック(機能・性能)で選ぶ

トリプルチューナー内蔵の機器であっても、それぞれスペックが違ってきます。

例えば

  • データを保存できる容量
  • 読み込みの速度
  • 4Kにも対応しているのか
  • ネット通信でも平気なDLNA対応か

など、他にどんな機能が備わっているかも、選ぶポイントになります。

料金・コスパで選ぶ

トリプルチューナー内蔵の機器を選ぶときに最重要になる金額。

明確に比較もしやすいし、なるべく安いものを購入したいのは、誰しもが同じです。

さらに、シングルやダブルに比べ、トリプルチューナーのレコーダーは、\50,000~\100,000と決して安くはありません。

利用シーンや、必要な機能に応じて、金額もバランスを見ながら選びましょう。

おすすめのトリプルチューナー内蔵レコーダー

選び方が分かっても、どれを買えばいいのか決めかねる人も少なくないはず。

ここでは、一番需要の高いレコーダーに絞って、選りすぐり機種を紹介します。

なお、契約するテレビサービスによって、対応できなものもあったりするので、必ず確認しておきましょう。

コスパで選ぶなら「Panasonic おうちクラウドDIGA DMR-4S100」

コスパで選ぶなら「Panasonic おうちクラウドDIGA DMR-4S100」がおすすめです。

参照:Panasonic

トリプルチューナー内蔵のレコーダーの平均価格である\50,000台をキープしつつ

  • 録画番組をスマホで視聴できる「おうちクラウド機能」
  • 「新4K衛星放送の4K長時間録画モード」搭載
  • スマホの写真や音楽の保存も可能

ととにかく便利。

2020年4月時点では、\52,500で購入できます。

初めての購入で何を買えばいいのか分からない人は、選んでおいて間違いありません。

スペックで選ぶなら「SONY BDZ-FBT2000」

少しいいものが欲しいなら「SONY BDZ-FBT2000」がおすすめです。

参照:SONY

価格は\80,000円台と、トリプルチューナー内蔵のレコーダーのなかでは高価な方にはいります。

ただ

  • 新作ドラマ・アニメを最長1か月前から先行予約可
  • タレント名やキーワード、ジャンルを登録で自動録画
  • 番組表のスクロールなどの操作性がトップレベル

と、従来のレコーダーとの快適さは段違いです。

また、外出先から番組予約をすることや、撮影した写真や動画も保存できます。

長期間使うことを考えて、より快適なものを選びたい方におすすめです。

ひかりTVのトリプルチューナーは月500円でレンタルも可能

トリプルチューナーが欲しいけど、買うほどではない方も中にはいるでしょう。

実は、テレビサービスを提供している「ひかりTV」では、トリプルチューナー内蔵のレコーダーをレンタルすることができます。

価格は以下の表のとおり。

型番ST-4500ST-3400AM900/ST-3200
レンタル700円(税込770円)/月500円(税込550円)/月500円(税込550円)/月
4K×
無線LAN××

選べる種類は限られますが、月々500~700円でトリプルチューナー内蔵のレコーダーを使用できます。

まずはレンタルで体験して、必要なら購入を検討するのでもいいでしょう。